過去記事一覧
1997〜1997/11/05〜1998/10/20 1998〜1998/11/05〜1999/10/20
1999〜1999/11/05〜2000/10/20 2000〜2000/11/05〜2001/10/20
2001〜2001/11/05〜2002/10/20 2002〜2002/11/05〜2003/10/20
2003〜2003/11/05〜2004/10/20 2004〜2004/11/05〜2005/10/20
2005〜2005/11/05〜2006/10/20 2006〜2006/11/05〜2007/10/21
2007〜2007/11/07〜2008/10/02 2008〜2008/11/18〜2009/10/08
2009〜2009/11/04〜2011/03/12   
2011/03/12

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

震源地より遠く離れた地方に住むこちらでも
午後中、役所の津波警報が発せられていました。
ニュース映像を観て涙が出てきました。

どうか皆さん、ご無事でありますように。
どうか皆さん、心強くありますように。

明けない夜はない。
冬は必ず春になる。

2010/12/03

復活のためにまずは月1更新を目指しています。
つーか、当サイト「猫男参上」がインターネットにお目見えしてから13年です。
インターネットというと昨今は極秘情報が世界規模で流出するというね…
インターネット創設理念「情報の共有化」がいよいよ本格的に始まっちゃった感じ?

しかしまあ13年なんだよね13年!
人間に例えるなら中学生ですよ中学生。
制服姿でテスト勉強する姿を想像してみたが、さほど実感ないわな。
そもそも中学生の生態を知らないし興味ないし
猫男のテーマは「18歳以上着衣男性」だし。

というわけでとりあえず今後は18周年を目指しましょう。
ちなみに13周年記念に、内容がないよう的な
できるだけ軽めな雰囲気を演出してみましたが
いかがでしょうか。

2010/11/05

久しぶりの更新です。
更新停止状態の間に実生活では地デジ化し、
Jリーグは名古屋優勝が現実味を帯び始め(踏ん張れ鹿島)
NFLは近年稀にみる大混戦となっています。
負傷もしくは不調でQB脱落するチームが多くね?
てかモスが電撃移籍とか。
レギュラーシーズン中盤で早くも今季チーム名鑑が役立たずになりつつありますよ。
印刷メディアの脆弱性が意外なところで明らかに。
名簿ページを背番号順、ポジション別、
名前(アルファベット)順などに自由にソートできないのに
逆に違和感覚えたりして…隔世の感ひしひし。
まああまりラクばかりし過ぎるのもいかん。
人間の脳は敢えて無駄に使用することで機能する。
必要必須だけでは人生はつまらない。

というわけで趣味のお絵描きも今後できるだけ復活予定。

2010/06/17

今回新たに追加したカテゴリについてのご説明。
【webアルバム】
Googleの写真アルバムサービスです。
別件でアカウントを取得したのですが、この際アルバム作成。
過去当カテゴリで公開していたバントラインとピースの写真や
私の秘蔵コレクションをアップしています。

【YOUTUBE】
これも別件でアカウントを取得したので、
この際初の「黒猫の正しい飼いかた」動画を公開。
とはいっても、うちにはビデオないです。
撮影はデジカメのおまけについてるビデオ機能なので
画質はしゃれになんない。
お気が向かれましたらどうぞ、的なー。

2010/05/07

久しぶりの更新です。
「黒猫の正しい飼いかた」はマジで一年ぶりぐらいの更新です。
理由のひとつは
「昨年秋にパソコンがイカレた際、漫画用データが全部ぶっとんだから」
画像サイズとか文字サイズとか枠線サイズとか、
描く時に必要なデータがきれーさっぱり消えてしまったので
一からやり直しかよ!と思うと気力が萎えてしまった。

もうひとつの理由は漫画にある通りです。
こっちの方がでかいです。

正直いってかなり動揺しました…
なんせサイト更新のみならず日常生活にも支障きたしましたから。
(他にもいろいろストレスはあったけど)
確かに漫画のネタにはなっても
どうしても「笑い」にできなかったので
いっそ今後は「記録」として赤裸々に綴る方向に変更しようかとか
描きたくない、いっそ描かないと決めて終わろうかとか
悩んだよーマジで。

ただし肝心のバントラインはやっぱり相変わらず
まっすぐな眼差しでしっかり「にゃあ」と鳴き
きっちり爪を出してエサを要求してくるので
まあ「その時」が来るのは数年先のことだろうと、なんとか復活。

「兆し」なのは間違いないけど
それはバントラインと出会った時の
「この猫の一生を幸福にする」という誓いが完成する「兆し」と思えば。

ちなみに「白くま白吉先生」は「がきデカ」キャラ。
「くま吉」だっけか?

2010/02/09

今季のスーパーボウルはコルツ対セインツの第一シード同士の対戦でした。

コルツは2006年にも優勝しているし
何よりQBマニングはスーパーボウルリングをもう二つ三つ持っていてもおかしくないというか
むしろそれがふさわしいほどの名選手なので本国では圧倒的に勝ち予想だったようです。
一方のセインツは1967年創設以来初めてのスーパーボウル出場!という
従来ならばまーわりと「だめっぽい」的なチーム。
「ダメ」ではないです…「だめっぽい」感じですな。
…本当に「ダメ」なのはライオンズとレイダーズ…あわわ。

私は例の如く「両方とも応援」というお得なスタンスで楽しく嬉しく観戦しました。
でもって結果は皆さんご存知の通り(NHKBS解説者輿さんの口癖)
初出場セインツの初優勝という劇的なクライマックス。
どちらもパスオフェンスに長けたチームなので
ディフェンスはパス対策メインで、代わりにランは
ある程度ゲインされても仕方ないと捨てていた感がありました。
なので最終的にはパスではなくランが強い方が勝った感じ。
ブッシュ他複数のRBを擁するセインツと比べればほとんどアダイ一人に頼ったコルツは不利。
選手も疲れるし作戦も読まれてしまう。
いよいよデュアルバックの時代到来を思わせた一戦でした。

…偉そうに語ってみましたが、あくまで素人の感想なので本気にしないように。

個人的にはショッキー(セインツ)のタッチダウンが一番盛り上がりました。
思わずテレビの前で「よっしゃぁ!」とガッツポーズ。
2007年、当時所属していたジャイアンツ優勝の際、
レギュラーシーズンずっと頑張ったのに終盤で怪我して
肝心のスーパーボウルはVIP観戦席だったショッキー。
挙句の果てにその後即セインツに放出。
いや、もちろん合意の上で移籍したのでしょうけど
ファンとしてはすんなりと納得し難かったのも事実。

ということで似ても似つかない、逆に似せようとまるで考えていないショッキーの似顔絵。
本当に全然似てないけど描いた私がショッキーと言い張ればそうなのだ。

蛇足。
上記にある2006年のカンファレンスチャンピオンシップの
NHKBS「週刊NFL」を未だに繰り返し観てます。
ベアーズ対セインツ、コルツ対ペイトリオッツで
奇しくも今季のスーパーボウル対戦チームの映像ですが、これが非常に神。
試合も神だったし編集も神。
何度観ても感動します。ちょっとバカかもしれないけど。

2010/01/27

最近私の中で「文字情報」の信用性がますます危うくなっています。
かつて絶対の信用があった「写真情報」がPHOTOSHOP様の台頭で
かえって「まず疑うべき情報」に成り果てたのと
似たような現象が「文字情報」にも起こっている、みたいなー。(そろそろ死語的表現)

まー元より「過信盲信はしないように」とある程度意識はしていましたが、
例えば有名人のインタビューやエッセイの類は
そもそもがっつり検証しながら読むものでもないわけで
ゆえにある意味、無意識にそのまま受け入れてた部分もあったというか。
「彼(有名人)と私は魂の双子!」とは思わないにしても
「ああ、そうですか」とフツーに読み流してはいた。
やたらと疑ってかかるのもヘンな話だしね。

でもやはりそうじゃないよなぁと。

もちろん文字情報全てが「全部嘘!」とは言いませんが
しかしどれほど他愛のない話でも、ベースには
「こう見せたい」という演出が絶対にあることを忘れてはいかんと思ったり。
よって「ああ、そうですか」ではなく
「なるほど、こう見せたいのか」と行間を読むのが正しいような気がします。

有名人に限りません。
当然ながらこうしたネットでのテキストも同じ。
ブログやツィッターでも同じ。
猫男も同じ。
ぶっちゃけ私はかなり自己編集してまっせ。
本当の私は天使のように美しく純粋な人間です。
ふふふ。

ちなみに私はあまりエッセイ類を読みません。
数十年前(!)に故伊丹十三氏のエッセイを友人に紹介されて何冊か読みましたが、他は…
青木玉氏か故山際淳司氏くらいしか。
青木氏は着物への拘りが、山際氏はスポーツドラマが面白く、
エッセイというよりも小説に近い感じで読了。
伊丹氏のエッセイで覚えているのは、犬の歯の抜き方と象のブックエンドと湯煙夏原。

…数十年たっても忘れない文章てのは嘘でも演出でも素敵なことかもしれないですな…と
(天使なので)なるべく優しく着地しよう。

2009/12/20

LadyGAGAの「Bad Romance」を聴くと涙が出そうになります。
…てのは少数派なのかもしれんけど、それはおいといて。

見た目のわりには(失礼)楽曲はオーソドックスで馴染みやすく
意外に好きかもしれないLadyGAGA。
そういやマリリンマンソンも見た目のわりには曲は結構フツーだった気が…。
むしろ「楽曲がオーソドックスだからこそ見た目のインパクトに賭けた」戦略でしょうな。

音楽業界において、MTV「以前」「以後」は激変!だったのではないかと思います。
…たまにビデオ(映像)を気に入ってCDを購入すると
楽曲自体は実はとてつもなく退屈だったりして…どれとは言えませんが。
まーその恩恵も弊害も「時代の流れ」として大雑把且つうやむやにまとめて終わろう。

ちなみに冒頭のLadyGAGAの「Bad Romance」のビデオは
かなりイケてます。綺麗な悪趣味。

今回のお礼絵はスキンヘッド。
興味のあるかたは一言添えてどうぞ。

2009/11/20

広大なネットの海に猫男が参上して12年です。

個人の趣味サイトで、休止もせず
更新停滞もほとんどなく
12年も継続したのは意外と少ないのではないかと
誰も褒めてくれないので自画自賛。
「そうだね。ブログにも逃げなかったしね」は某の言。
いや、私にとってはブログの方が敷居高いから…てのが本音ですけど。

記念にパンサーズVSベンガルズの試合を
バンちゃんとピースで再現しようと(脈絡なく)思い立ち
フェルトでボールを制作はしたが
二匹のあまりに非協力な態度ゆえ断念。ピー…目つき悪。
てか、ボールが下手だ…
うっかりするとサツマイモにしか見えないあたり、我ながらちょっと悲しいです。
うむ、写真は再度チャレンジしよう。
サツマイモボールにまたたびをまぶしてみて!

今回のメールフォームお礼絵は
indexにそっと佇む彼のgifアニメです。
ただし制作時間1時間程度の超簡単!なアニメなので期待しないように。
ついでにアメフトボール制作時間は2時間。
2つで4時間…なのに猫たちに不評…。

2009/11/04

更新絵「QB」の下書きです。
完成版との変更点は顔(視線)の向き。
絵全体の雰囲気としては左図でも全然悪くないし
どちらかといえばこっちの方が
「より高みを目指す」的な良い感じ〜があるけれど
アメフト的にはこの角度は明らかにヘルメリー。
逆に「やけくそ」な印象になってしまう。
なんだかちょっと許せないものが我ながら。

よって首から上だけを何度も描いては消し、消しては描きを繰り返してしまいました。
「描けない」てのはこういうことさ〜。
以前ならささっと描けただろう、特に凝った構図でもない絵なのに時間かかるかかる。
疲れる疲れる。
挙句の果てにどこかがおかしいと思いつつ
どこがおかしいのか自分でもわからないというまさにラビリンス状態。
「スランプ」とは言いたくないので言わない。

今回のメールフォームお礼絵は
リハビリにいくつか描いてみた落書きと妹お気に入りの二頭身若林など。
実は春日の二頭身キャラは描けない。
あれほど強烈な個性があるので描きやすいかと思えばさにあらず。
かといってフツーに描いたらシャレにならんほど
妖しくなるのはわかりきっているので描かない。