過去記事一覧
1997〜1997/11/05〜1998/10/20 1998〜1998/11/05〜1999/10/20
1999〜1999/11/05〜2000/10/20 2000〜2000/11/05〜2001/10/20
2001〜2001/11/05〜2002/10/20 2002〜2002/11/05〜2003/10/20
2003〜2003/11/05〜2004/10/20 2004〜2004/11/05〜2005/10/20
2005〜2005/11/05〜2006/10/20 2006〜2006/11/05〜2007/10/21
2007〜2007/11/07〜2008/10/02 2008〜2008/11/18〜2009/10/08
2009〜2009/11/04〜2011/03/12   
2004/10/20

ネタないです…今回は
ここのテキストを思いつかないばっかりに
更新できないという状況にまでなりかけました。

リアルでもネットでも適度に忙しく
一応あれこれと考えていたりもしますが
まー猫たちが幸せならいいや。…なんちて。

2004/10/05

ちょっとヲタクな話題でも。

私は会員制同人サークルに所属しています。
サイトは個人活動ですが、サークルは会員制なので「集団」で活動中。
緩く大らかなサークルで特に厳しい規則はないですが
一応は会誌の〆切があったりアダルトな内容は禁止だったりと
ある程度の「制約」はあります。
会誌はイベントや通販等でサークル外部にも出ているようですが
基本的には会員内で配布されています。
…これはサークルの主旨からではなく
「昨今の同人活動のメインストリームはパロにあり
オリジナル創作はあまり需要がナイ」という
非常に現実的でシビアな理由からですが…まーそれはおいといて。

私自身が実際にやってること(漫画描き)は同じでも
でもって第三者には同じ活動(同人)にしか見えなくても
サイトとサークル活動はやはり違う、としみじみ思います。

個人サイトならそれこそ自分の好きなようにしていいわけだし
公開はワールドワイドだし
費用面においても同人誌を発行するよりは断然安いし
ダイレクト且つリアルタイムで反応を得ることも可能だしで
こうして並べるといいことずくめで「すんばらしい!」気がしますが
一方で「何もかも全部一人でこなさなければならない」です。

そりゃバリバリやる気にあふれている時はいいけれど
例えば創作そのものやサイト管理に悩んだ時
相談する人がいなくて途方に暮れることも珍しくない。
自分のサイトで悩みを吐露すると痛々しくなるし
(後々、サイト管理に影響が出るかもしれないし)
どこか適当な相談掲示板があるとしても、やはり赤の他人
なかなか問題の本質を言えなかったり、
そのせいで求める回答も得られなかったり。
CGIの設置など、サイトの仕組み的な相談ならネット上で
わりあい簡単に解決できるんですが
「気持ちの相談」はデリケートで個人的な問題だけに
それこそ「見知らぬ他人」には言いにくいし頼りづらい。

んで気づいたことがひとつ。

私自身「創作やサイト管理に行き詰まる」ということを
あまり意識したことないですが
もしかしてサークル活動に支えられていた部分もあったかもです。
会誌の〆切と猫男の定期更新が重なって
「うひー」となったりもしたけれど
それでも定期的に届く会誌で励まされることも多かった。

こういう「仲間の心強さ」は個人サイトではあまりナイです。

実際は会員は全国にちらばっていてほとんどは会ったことない
「見知らぬ他人」なのですが「同志」感は厳然とあるし
会員同士の交流誌では具体的な相談ももちろん可能だしね。

会員の中には活動を個人サイトに完全移行して
サークルをやめたかたもいますが、私はやめないでしょう。
たまに「うひー」となってもそれはそれで楽しむこともできるので。

…ということで会長、今後もよろしくお願いします。(私信)

2004/09/20

「秋」はまず雲に訪れたようです。
ついこないだまでの力強い入道雲とは違う空の雲。

今回の更新では新しい検索サイトをリンクに追加しました。
男性絵創作の支援サイト「Labyrinth」(ラビリンス)です。
「男性絵」に限定しているのが希少且つ貴重カモ。
創作♂専科も「男性絵」限定ですが「女性向」の要素が強いので、
純粋に男性絵を鑑賞したい場合には使いづらい部分がなくもない。
その点「Labyrinth」は広く一般的な「男性絵」をメインにしているようなので
気軽に楽しく利用できそうです。
まだ開設してまもなくて登録サイトが少ないですが今後に期待。

男性絵を公開しているサイトさんは是非登録してください。

2004/09/05

年齢を重ねてよかったなと思うこと。
想い出が語れること。
想い出といっても初恋のなんたらとか小学校の運動会などではなく
サイトの自己紹介なんぞによくある「好きなもの」の類ですが。

若い時にはそれこそ
「ファーストアルバムから最新アルバムまで
収録順に全曲メドレーで歌えます!」とか
「ハードカバーや文庫はもちろん
雑誌のゲストエッセイまで切り取ってます!」とか
その情熱は本当に好きな対象に向かっているの?みたいな
或いは対象と自分の境界を見失いそうなほどに
熱中したり暴走したりしてたのが
年齢を重ねるうちにだんだんといい感じに忘れてきて、
その分無駄な部分が削ぎ落とされ、熟成され
「好き」という気持ちを本当に自分のものにできた気がします。
…「想い出は常に美しい」という美化も少々入ったりもして
これがなかなか心地よい。

若いうちは恥かしくて言えなかった「好きなもの」を
ようやく言えるようになってきました。

しかしながらやはり「自己紹介」ページを作成する気にはなりませんけどね。
だって面倒だもん。

2004/08/20

暑い夏ですね…暑いから夏でしょうか。
暑さのあまりちょっと壊れかけているような気がするNAGAです。
もちろんここに書くネタなんぞ思いつきません。

とりあえず気持ちだけでも涼しくなりたい一心で
ホラー小説をちょろっと読んでみたり。
クトゥルー神話です。定番ですな。
さすがに全部ではないですがいくつかは既読のはず。
なのにすっかり忘れてどれも新鮮。
それどころか基本設定すら忘却の彼方に葬り去ったらしく
時々意味がわからなかったり。…だめじゃん。

ちなみに私が読んだ中で一番怖かったホラー小説は
定番すぎる「ドラキュラ」です。
「読み終えるまで寝れない!」と徹夜で読んだ本は
「オデッサファイル」と「知と愛」とこの「ドラキュラ」。
(他にもあったと思うけど今は暑いので思い出せん)
読んで泣いた小説は「フランケンシュタイン」と
「ドルリー・レーン最後の事件」
個人的に一番の恋愛小説が「戦慄の絆」という趣味なので
読書歴などを人様に語る資格はないと
我ながら思います…。

2004/08/05

夏ですな。
…他に言うことないのかという気がしますが
あまりに暑くて「夏だな…」としか考えられません。

とりあえずメールフォームでは
「もう一度観たいあの絵」を募集してみることにしました。
心当たりあるかたは遠慮なさらずにどうぞ。
最近猫男を知ったので古い絵なんて…というかたでも
「少年絵がもしあったら観たい」という感じでもOKなのでどうぞ。
少年絵はほとんどないですけど何枚かはあったハズだ。
夏なので思い出せないけど。

皆さんも夏バテなさらぬよう御自愛を。

2004/07/20

いきなりなんですけど。

猫男は今年の11月で丸7年になります。
しかもきっちり定期更新を欠かさずの7年です。
開設当初は予想もしていませんでした。
…まー忙しい時はそれなりに手を抜いたりも
しちゃったりなんかしたけどさ。
「かろうじて」だか「どうにか」だか「とりあえず」だか
それでも継続してきたです。
えらいじゃないか、私。…と自分を褒める。

特に区切りのいいわけでもないですが
「7」という数字は好きなので何かイベントできるといいな〜と
今のうちからつらつらと考えたりもしてるのですが
いい案を思いつきません。
皆さんから「もう一度観たいあの絵」を募集しようかとも
ちらっと思ったのですけど
いくらなんでもあまりな自虐企画で
せっかくの7年目のイベントが
むしろつらくなりそうなのでやめました。

何か思いついたらイベントしましょう。
思いつかなかったらそのままです。

「かろうじて」「どうにか「とりあえず」
「すべからく」猫男は続く。

2004/07/05

相変わらずこのコーナーのネタがないです。
3日前まではちゃんと考えていたような気がしますが
きれーさっぱり忘れました。
考えた時点でメモしとくべきでしたね。

そういえば最近この「考える」のが好きです。
いや、もちろんそれなりにいつも考えていますけど
この頃は新たな情報を得ればそれについて思索し、
その過程でさらなる知識を求めまた思索し、
そうこうしているうちに
一面的な思索が多方面に広がるというのを実感するのが楽しい。
新しい視点を発見する度に嬉しい。
…学生時代に戻ったかのようで、そういう意味でも
どことなく嬉しいがこれは本来嬉しがることではない。

…まー冒頭にあるように、そうやって考えたことを
いともあっさり忘れてしまうわけですが
「考えない」と「考えたうえで忘れる」は似て非なるものナリ。
どっちがマシかというともちろん後者なので
自分としては「忘れる」も可。

「忘れる」は実は「無意識に沈む」だけで
本当は決して無ではないということも知っているので。

「考える」はお金もかからないし体力も使わない。
非常にラクで楽しい趣味かもです。

2004/06/20

前回からメールフォーム復活でとうとう掲示板は削除です。
掲示板に書き込んでくださった皆さん
ありがとうございました。

メールフォームは
「特に伝えたいメッセージはないけどもう1枚
絵があるならそれも観たいカモ〜」というかたもOK。
ただしコメント欄が空白だとエラーになるので
フォームページにある説明の通りにどうぞ。
もちろん一言添えてくだされば嬉しいですが強要はしません。
「もう1枚の絵も観たい」というお気持ちもまた
「感想」だと考えています。
どことなく奥ゆかしい意味で。

ついでにカウンタが壊れていたので削除しました。
数字がリセットされてやんの。
直しようにもリセット前がどれくらいだったのか覚えてないので諦めました。

しみじみと増えていくのが楽しみではありましたが
なければないで特に困るわけでもないし
まーいいかな。

2004/06/05

今回からメールフォームが復活です。

掲示板設置は、新世紀突入の際に
「せっかくなので何か変わったことがしたい」という
ある種イベント的なコンテンツだったので
猫男にとっては「ない方が自然」なような気がするし
なんせ「掲示板と日記はない」が
そもそも猫男のモットーだったわけでして…
…あっさりモットーを破ってますが
緩〜い感じのフレキシブルさも猫男のモットーと
言えなくもナイ。

というわけで、もしかしたらいつか
「日記」も登場するかもしれませんが、一応。


日記設置の予定はナイです。豪語。

2004/05/20

ヒロシです。

…嘘です。NAGAです。
久しぶりに「黒猫の正しい飼いかた」を更新したとです。
今回のテーマであるストルバイト結晶については
猫飼いにとってはメジャーな病気でしょう。
ネットで検索すると闘病記も沢山ヒットします。

余談。
発症した時に最初に連れて行った「夜間診療のある獣医」は
「獣医師の資格ないのに診療行為を行なった」として
獣医師会から告発されていると後で知りました。

ぎょ。
そういや、体温すら計るでなく単にお腹を触って注射1本打っただけだった…
「たまたま」バンちゃんがそれほどひどい状態じゃなかったからよかったものの
もしあの時バンちゃんが急を要する状態だったら
一体どういう診療が行なわれていたのかと思うとちょっと怖いです。

…そして注射1本でいちまんえん近くとられたことを
思い出すとなんとなくヒロシの気分になるとです。
ヒロシです。

2004/05/05

ゴールデンウィークにやってきたガイジンの親戚は
無事イングランドにお帰りになられました。
飼っている5匹の猫のうち、2匹はEveとSteveで
(韻を踏んでいるのだと嬉しそうに言ってました)
残り3匹の名前は鉱物結晶名称だそうで
長たらしいうえに発音が難しく聴き取れませんでした。
ターなんとかとアンなんとかとザなんとか。…あかん。
つか、何故飼い猫の名前にこんなに差があるんだ。謎です。
もちろんえーごで質問なんかできないので永久に謎でしょう。はっはっは。

ガイジンのイトコは何かの研究に携わっているらしく
その関係で今年はバッキンガム宮殿に招待されているそうです。
春の園遊会みたいなものかなぁ?
…という日本人らしい素朴な疑問も頭の中でぐるぐるしただけでした…。

とりあえずチャールズ皇太子によろしくとしか。

2004/04/20

ネットの世界てのも所詮「対人関係」に過ぎないのですけど
これは人類が初めて体験するカタチの「対人関係」なのではと思います。

ネットでは性別年齢容姿その他諸々、
人が人を区別するためのとっかかりが一切なく
(言語の壁さえなんとかできれば国籍もない)
ベターっとした凪の海のように、ある意味非常に「平等な対人関係」で
まるでどこぞの思想家の理想郷、みたいな感じで。

同時に性別年齢容姿その他諸々がないということは
それに付随する責任もない、という素敵な側面もあります。
「課長としての責任」や「主婦としての責任」等
リアル社会における各々のスタンスと責任から尽く解放されちゃって
思わず「アイ アム フリー!」とかなんとか叫びたくなる人も
いるかもしれません。

がしかし。
いくら平等で自由なネット世界でも
「人間である」という事実だけはいやでも残ります。
よって、むしろ「人間としての責任」という、
普段は他のわかりやすい責任(課長とか主婦とか)に紛れ意識しにくい、
非常に根本的で重大な責任がよりクローズアップされるだけだと思うです。

「主婦としての責任」や「課長としての責任」等は
離婚したり昇進したりまたは相手によったりと、
その時々の状況で変化しますが、そういった曖昧な責任具合ではなく
「人間としての責任」は生きている限り決してなくなりません。
もちろん未成年者にもあります。

「対人関係」に過ぎないネットであれば「自分自身としての責任」とも言えるです。
「私が私である責任」ですな。

本当の意味での「自由」とは責任を放棄することではなくて
逆に人間(自己)としての責任を自覚し、まっとうすることではないか。

…等と、自由で平等なネット世界の片隅に漂いながら
つらつら思う猫男でありました。
ちゃんちゃん。

2004/04/05

最近、イラストサイトを巡回してフト思ったこと。
「お絵描き掲示板」の作品群を独立したコンテンツにしているサイトが増えたこと。

つまり、本来掲示板のログとして流れていくはずのものを
そうではなく、ギャラリーコンテンツとして留め、サイトで展示しているわけですな。
極端なサイトだとお絵描き掲示板ギャラリーの方が充実して
本来のイラストギャラリーは数点程度だったりもします。

もちろん中にはリキの入った作品もあるわけで
(だからこそログとして流したくないのでしょうし)
なによりサイト構成はオーナーの一存で決定するものなので
そういうコンテンツも「あり」でしょう。

しかし私個人としては、「お絵描き掲示板」の絵は
「イラスト」として鑑賞するには物足りない気がします。
どうしても「カット」にしか見えないんです…なんといってもサイズが小さいし。
或いは「習作」みたいな…これを元に「イラスト」を完成させるのかな?とか。

くそー「イラスト」が見たいー!

…と何故最近、イラストサイト巡回でよけいに飢餓感つのるのか
ようやく謎が解けました…。

少なくとも私は
「カット」を楽しむ気分と「イラスト」を鑑賞したい気持ちは全然違うらしいです。

2004/03/20

前回からCGI導入で便利になったこのコーナーですが相変わらずネタはないです。
ネタはさすがにCGIでどうにかできるものではない。

一応近況なんかをちょろっと。

昨年後半の多忙さのツケが回ってきていて今もやっぱりイロイロ忙しいです。
昨年後半の予定が押して今に至っているわけですな。
おまけに来月にはガイジンのイトコが来ます。
なんと、えーごでしゃべるそうです。
というか日本語わかりませーん。
猫好きなイトコ(5匹も飼ってるそうで)が来る頃までには
バンちゃんの腹のハゲが治ってほしいです。
「超音波エコーで診察したから」なんて
とてもじゃないけどえーごで説明できません。

あ、ちなみにバンちゃんはすっかり元気。
今日もバリバリ、ピースをリバースで舐めあげてます。
…味見カモ。

2004/03/05

改装しました。ほとんど突貫工事です。
いつものように不備を発見した人は即時報告すべし。
お願います。

今回の改装の目玉はこの「黄金の黒猫ついにCGI導入!」です。
web公開テキスト用には最近ブログなんてのがあるようですが
どうせたいしたテキストではないのでごく普通に日記CGIを活用。

見た目はブログの方がかっこいい気がするが…
なんとなく「一人前」な感じで…非常に個人的な感覚ですな。

まー猫男は元々テキストはおまけでしかないのでブログなんておこがましい!
「ネタないです」なんてテキストは日記でいいのだ。
そうなのだ。

2004/02/20

実は前回更新直後に
バンちゃんはストラバイト結晶で3日間入院してたです。
突然発症したのでビックリだったんですが
バンちゃん自身は入院前も入院中も退院後も食欲旺盛でバリバリ元気。
この顛末はいつか「黒猫の正しい飼い方」で描きましょう。

猫には9つの魂があるとは言っても無駄に使っていい魂はない。

というわけで今回でぶ猫ネタですがダイエットさせたいと思います。

長生きしてね、バンちゃん。ピーちゃん。

2004/02/05

相変わらず気ぜわしい日々です。
猫男開設当初は暇で暇でしかたなかったのですが
この半年ばかしはあわわな状態が続いています。
元々キャパシティが小さいのであわあわあわあわしてます。
もうすぐ終わる、そろそろ片付く…と思ってはいるんですが。
…半年前から。

2004/01/20

似てる、と最近思う人々。
セレッソ大久保と長井秀和。
初めて長井秀和を見た時は「髪の毛を黒に戻した大久保」かと思いました。
…長井秀和の方がスポーツマンっぽい気が。
童顔なあたりがフルアム稲本とティム・ロビンス。
どうでもいいけどフラム、フルハム、フルアム、どれなんだチーム名。
(オフィシャルサイトでは「フルアム」だった)
吉沢悠は織田裕二から猿っぽさと年齢を引いた感じ。
そしてオダギリジョーとスティーブ・ブシェミ。
オダギリジョーはスティーブ・ブシェミの大ファンだそうなので
多分喜んでくれるでしょう。
確かに顔だけでなく、役者としてのスタンス的にも似てきたような…。

ちなみにスティーブ・ブシェミは昔は消防署で働いていて
9.11テロ事件の時は元同僚の悲劇に
自前の消防服で駆けつけ、一消防団員として
救助活動に参加していたというのは有名な話ですな。
つまりスティーブ・ブシェミは良い人だ。間違いナイ。(長井秀和風に)

2004/01/05

謹賀新年2004

ここ数年「年頭の決意」というものと縁がなかったのですが
そういうラク〜で曖昧で大雑把なのにも飽きたので
今年はイロイロ決意しようと思ってます。
何を決意するかはまだ未定ですが
とりあえず「よし、決意するぞ」と思いついたことだけで
なんとなく前のめりな感じにポジティブで嬉しいです。

なるべく具体的で(抽象的だと達成感がないから)
尚且つ「普段通りだと不可能だが少し頑張れば達成可能」程度の
決意に思い巡らせてます。
「少し」てのが大事ですね。
「すごく」頑張るようなシロモノは
決意することそのものに慣れてからでないと。


というわけで
「年頭の決意」にも妙にコツが必要らしいと知った元旦。

今年も猫男をよろしくお願いします。

2003/12/20

ネットの話。

これまで個人サイトは自己主張、自己表現の場…と思っていたんですが
最近はちょっと違うみたい?と感じてます。
なんというか、自己主張や自己表現は単なる手段に過ぎず
その目的は実は「共有」にあるのではないかと。
ネットの目的もまさしく「情報の共有」なんですが
どうもそれとは本質が違うようです。

つまり日記サイトで「体験」を
同人サイトで「萌え」を
同世代交流サイトで「思い出」を…というふうに
本来は「個人的な部分」であるべきことさえも
「共有」したがっているように見えるんですね。
当然これらも「情報」の一種に過ぎないわけで
まーそう考えれば特になんということもないですがしかし。

いわゆる「アイデンティティ」はそれぞれの「記憶」に基づくらしいので
(肉体的に同質なクローンでも「記憶」が異なれば別人だ)
体験やら萌えやら思い出やら
「ごく個人的な記憶」を共有するということは
「アイデンティティ」が一般化してしまう現象ではないかと思ったり。
となると、いつかステレオタイプのヒトばかりになるかもしれん。
規格外の人間(共有できない人間)は肩身狭くなったりね。

しかしながら
「肩身が狭いんです」「アタシって特別だから」「一匹狼な俺」
等の「情報」もやはり皆で共有しあい
きれーさっぱり平均化してしまうのであった!
ちゃんちゃん。

…あ、オチてしまった。

2003/12/05

うーん、ネタがないぞ。
しかたないので映画の話題。
「リローデッド」でややガッカリした部分があって
「マトリックス レボリューションズ」は実はまだ観てないんですが
どうなんでしょうか。
全世界同時公開とかそのカウントダウンにキアヌが東京でとか
イベント的なあれこれは耳にしますが
肝心の内容についてはあまり(いい)噂をきかないです。
ちなみに全世界同時公開は
ネットにおいての海賊版流出防止の意図もあったそうですが
映画業界もいろいろ大変ですな。
まーハデな特撮はやっぱ映画館の大画面で観た方が楽しいと思います。

…がしかし、ツインズがアレだったし
ザイオンのシーンは尽くアレだったし
唐突なキスシーンもアレだったし
モニタが並ぶ部屋というのもイメージとしてアレで
なんといってもDUCATIが赤じゃなかったし。

「レボリューションズ」はビデオでいいか…な?

2003/11/20

「猫男参上」6周年です。
ハンパな数字なので特にイベントはなしということで。
カレンダー壁紙とかのお蔵出しを考えていたのですが
(他にもいろいろ考えていましたが)
時間的余裕がなくて断念しました。
猫男もたまには忙しい。

あ、カレンダー壁紙のお蔵出しは
時間の余裕ができた時にちまちまやる予定です。
古いのはやっぱちょっとは修正したいしな…。

2003/11/05

相変わらず気ぜわしいです。
今年いっぱいはこの調子なのが判明しました。
普段はほえほえしてるので、たまには忙しいのもいいでしょう。
まーせいぜい体調を崩さぬように頑張ろう。うむ。
もしかしたらこのサイトで
なんらかの成果報告ができるかもしれません。
できないかもしれません…なるようになるさ〜。ほえほえ〜。